岩戸山はもと蔵町の山車で、「天の岩戸」の神話を題材にとったものです。古くは江戸時代からあったという説もありますが、明治14年(1881)の「伊勢新聞」に岩戸山のことが記事になっていますので、その頃にはすでに造られていたことがわかります。蔵町の山車は、四日市祭の多くの山車と同様、戦災によって焼失しました。
 現在の岩戸山は、昭和63年(1988)に本町通り商店街の「岩戸山保存会」の手で再現され、年々改良を重ねて完成したものです。天女宇豆売命(あめのうずめのみこと)の頭部は8代目玉屋庄兵衛の作です。

【演技のあらまし】
 天女宇豆売命が神楽を奏している間に、突然の太鼓の音に驚いて、一変して狸が正体を現わします。狸は、腹鼓を打ち、睾丸を膨らませながら、踊り狂います。そしてまた、元の天女宇豆売命の姿に戻るというものです。