鯨突きの流れ

一連を演技を鯨を突くといいますが、どこでやるかは、一般には寄付をいただいた家の前で鯨を突きます。

1 ボンテンモチが突く家の前に行き、梵天を持って開始を待ち、クジラカブリもその近辺で待機 Tボンテンモチが突く家の前に行き、梵天を持って開始を待ち、クジラカブリもその近辺で待機
2 ウタアゲが突き唄の歌い始めが鯨突きの開始
3 同時にハタシが鯨発見の所作(扇をかざして左右の舷から遠くを眺める)

4 鯨が動き出す
5 船は横揺らしをしながら鯨をゆっくり追い込んでいき、鯨は見物人に襲いかかるような演技などでもりあげる

6 やがて鯨の反撃の場面となる。船は急激に後退をはじめ、鯨はそれを追いかける

7 再び船が鯨を追い始める
 トモアゲ
8 テンポが速くなり、横揺らしも激しくなり、鯨を追い込んでいく


9 追いつめられた鯨は水面高く飛び上がるような形となり
10 ハタシが鯨をめがけてモリを投げる

11 鯨は体勢を低くして逃げ出し、途中頭を高く跳ね上げ
12 ハタシとロコギ全員が立ち上がって両手両足を広げる
13 ウタアゲが突き歌を歌う