伊勢市「地産地消の店」事業

・平成14年生産者、消費者、流通加工業者を構成員とした「伊勢市食と農を考える会」に
て制度を提案。
・平成19年度制度化、要綱を作成。募集は年1回。審査は上記会一郎や商工会議所からなる詰定委員会にて実施。食育の日6/19に認定。1件のみ不合格。認定基準あり。認定店へは、PRのぼり、卓上型のぼり、ポスター、ステッカーを渡す。メニュー表記は、アナゴなら「伊勢産アナゴ」、「同・使用」など。
・認定委員により認定店を巡回。要望等を吸い上げて、制度に反映。

制度レク会場風景 前川前(すすむ)農林課長あいさつ、後に鈴木係長からレク 「地産地消の店」のぼり。
各店舗に配布
昼食会場にて。
大きいのぼり
同ポスター。
センス良い 
当日の地元産を表示
野菜、海産物に、地元のものがふんだんに供されている 天ぷらの具材ももちろん
地元のもの