蔵元からひとこと 地酒の面白さは、酒蔵の個性がでるところにあります。ところが多くの地酒が「のみやすい、くせがない」を合い言葉に個性をなくしています。私共では、百人共気に入る酒は目指していません。個性的な、しかし旨い、よそにない酒を目指しています。「この間のお酒おいしかったよ」「お宅のお酒、よそのとちょっと違うね」「送っていただいたお酒、先方にすごく喜んでもらったの」というようなお客様の言葉を耳にするたび、酒作りをしていて良かったと思います。
家族でつくっています